無料オンラインサロンに入会する クリックする

1日3分で出来る「頭を良くするコツ」&「間違った勉強法」とは?

  • URLをコピーしました!
目次

動画で見る

脳が活性化する時としない時

それでは脳が活性化するのは
どんな時なのか一緒に見ていきましょう

まずは音読している時

ご覧のように
脳が活性化してるのが分かると思います

また簡単な問題を解いてる時
脳が活性化しています

意外なのが3番目の複雑な問題を解いてるとき

ご覧の通りあまり脳が活性化していません

意外ではないでしょうか?

つまり、難しい問題ばかりを勉強するのは
一見効率よく見えますが、

実は脳があまり活性化していませんので
効率が良くないということになります
(図は川島隆太教授の文献より)

脳が活性化していない状態で勉強を続けると…

ただ、現実的に複雑な問題や応用問題はテストに出てきます
実際にそれが高得点をとれるかどうかの分岐点でもありますから
それをマスターするノウハウが必要になります

ただやみくもにやっていてはいけないのです

  

また、もう一つ怖いのが、
脳が活性化していない状態でずっと勉強していると、

『勉強=脳が非活性化の状態が当たり前』

になってしまうのは絶対に避けなければなりません

  

「勉強」する時に無意識にこのモードに入ってしまうことで、

・勉強中あくびばかり出たり
・どこか上の空で聞いていたり
・ただ時間をやり過ごすだけになってしまったり

といった悪循環モード
つまり、本人は勉強しているつもりでも
脳はほとんど働いていない
モードに入ってしまい、

やってもやっても成績が上がらない状態になってしまうので
要注意ということになります

脳が活性化する特徴をよくとらえて
勉強に応用していくことが大切になってきます

【プレゼント付】親子JOY学習「無料メルマガ」

★プレゼント付き ★勉強の裏技や学習ノウハウ
★脳科学や心理学の活用のコツ ★最新の受験・教育情報
★不定期でオンライン交流会 などの情報が得られます

「苦手」が「得意」に変わり、「わかった!」の笑顔がはじけます。

#小学生 #中学生 #中学受験 #高校受験 #算数 #数学
#国語 #理科 #社会 #英語 #オンライン家庭教師
#不登校 #学習障害 #帰国子女 #特殊算 #オンライン授業

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアして下さい
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる